メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  薬剤情報 »  認知症への抗精神病薬、有害性大きい

認知症への抗精神病薬、有害性大きい

英・大規模診療データを用いたマッチドコホート研究

2024年05月02日 17:50

204名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 安全性への懸念が長年示されているにもかかわらず、認知症の行動・心理症状に対し抗精神病薬が広く処方され続けている。こうした使用に対するこれまでの規制や警告は、脳卒中や死亡のリスクが上昇するというエビデンスに基づいているが、認知症患者におけるその他の有害転帰については定かでない。英・University of ManchesterのPearl L.H. Mok氏らは、英国の大規模診療データを用いて認知症患者における抗精神病薬使用とさまざまな有害転帰との関連を検討する人口ベースのマッチドコホート研究を実施。心筋梗塞、静脈血栓塞栓症(VTE)、脳卒中、骨折、肺炎、急性腎障害(AKI)といったリスクの上昇との関連が示されたBMJ2024; 385: e076268)に報告した。(関連記事「認知症・BPSD、新薬含めた薬物療法の注意点」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  薬剤情報 »  認知症への抗精神病薬、有害性大きい