メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  早歩きで冠動脈疾患リスクが低下

早歩きで冠動脈疾患リスクが低下

メンデルランダム化解析

2024年05月08日 16:40

169名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 先行の疫学研究では、歩行ペースの速さと心血管疾患リスクに強い逆相関が示されている。しかし、これらの観察研究が残留交絡や逆因果などによるバイアスをどの程度受けているは明らかでなかった。そこで、英・University of LeicesterのIain R. Timmins氏らは、従来の観察的アプローチと比べ交絡バイアスを抑えて考察できるメンデルランダム化解析を用いて心血管リスクと歩行ペースの因果関係を検討。早歩きは冠動脈疾患リスクを低下させるとの結果をSci Rep(2024; 14: 9995)に発表した(関連記事「推奨レベル以下の身体活動でも脳卒中リスクは低下する」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  早歩きで冠動脈疾患リスクが低下