メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  女性疾患・周産期 »  出血による妊産婦死亡が増加、管理の要点は

出血による妊産婦死亡が増加、管理の要点は

2024年05月09日 05:00

194名の医師が参考になったと回答 

 日本産婦人科医会が実施している妊産婦死亡報告事業によると、2010年に36%だった産科危機的出血による死亡事例の割合は、2019年には7%まで減少したが、2022年には18%に増加したという。聖マリアンナ医科大学大学院周産期発生病態解明学分野教授で同医会常務理事の長谷川潤一氏は、近年の主な産科危機的出血による死亡事例の原因である常位胎盤早期剝離、癒着胎盤、子宮破裂における管理のポイントについて第76回日本産科婦人科学会(4月19~21日)で解説。今後の課題として、若手医師への技術継承を挙げた(関連記事:「感染症・妊娠高血圧での死亡抑止に注力を」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  女性疾患・周産期 »  出血による妊産婦死亡が増加、管理の要点は