メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  アスピリンに乳がんの再発予防効果示されず

アスピリンに乳がんの再発予防効果示されず

高リスク非転移性乳がん患者3,000例超を対象とした第Ⅲ相RCT

2024年05月14日 18:29

156名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 アスピリンが乳がんサバイバーにおける死亡リスクを減少させることは複数の研究で報告されているが、乳がんの再発予防を目的としたアスピリンの使用に関する研究は不足している。米・Dana Farber Cancer InstituteのWendy Y. Chen氏らは、アスピリンが浸潤がんイベントのリスクを低下させるかどうかを検討するため、高リスク非転移性乳がん患者3,020例を対象に第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果、乳がん患者に対するアスピリン投与による有益性は認められず、試験は早期に中止されたJAMA2024年4月29日オンライン版)に報告した。(関連記事「アスピリンでがん患者の生存率向上」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  アスピリンに乳がんの再発予防効果示されず