メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  腎・泌尿器 »  急性腎障害、CKD移行の要因は?

急性腎障害、CKD移行の要因は?

京都大学大学院・柳田素子氏

2024年05月14日 15:17

156名の医師が参考になったと回答 

 急性腎障害(AKI)は種々の病態を背景に発症する症候群であり、短期間で急激な腎機能低下が見られ、予後は不良である。近年では特に慢性腎臓病(CKD)への移行に関して機序の解明と治療法の確立が進められている。京都大学大学院腎臓内科学教授の柳田素子氏は第121回日本内科学会(4月12~14日)で、AKIをめぐる研究の現状について講演。「AKIは再発性が高く、エピソード数が多いほどCKD移行リスクも高まる」など、AKI診療の重要性を示すエビデンスについて解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  腎・泌尿器 »  急性腎障害、CKD移行の要因は?