メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  呼吸器 »  新規抗TROP2抗体、進行NSCLCで有意差示せず

新規抗TROP2抗体、進行NSCLCで有意差示せず

sacituzumab govitecanのEVOKE-01試験

2024年06月11日 19:38

155名の医師が参考になったと回答 

 前治療歴がある進行・再発非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象に、標準治療のドセタキセルと抗TROP2抗体薬物複合体sacituzumab govitecanの有効性と安全性を比較した国際第Ⅲ相非盲検EVOKE-01試験の結果が明らかとなった。スペイン・Hospital Universitario 12 de OctubreのLuis Paz-Ares氏らは米国臨床腫瘍学会(ASCO 2024、5月31日〜6月4日)で、「全体集団でsacituzumab govitecan投与によるOSの有意な延長は認められなかったが、前治療の抗PD-1/抗PD-L1抗体非奏効例においては臨床的に意義のある結果が示された」と報告した。結果はJ Clin Oncol2024年5月31日オンライン版)に同時掲載された(関連記事「sacituzumab govitecan、進行TNBCの二次治療で欧州で承認」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  呼吸器 »  新規抗TROP2抗体、進行NSCLCで有意差示せず