メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  学会レポート »  クロザピンを有効かつ適正に使うポイント

クロザピンを有効かつ適正に使うポイント

治療抵抗性統合失調症の臨床

2024年07月04日 17:05

152名の医師が参考になったと回答 

 非定型抗精神病薬クロザピンは2009年4月、反応性不良または耐容性不良の治療抵抗性統合失調症患者に対する初めての治療薬として承認された。同薬については無顆粒球症および耐糖能異常などの副作用が報告されており、医療機関には早期発見・介入体制の整備が義務付けられている。第120回日本精神神経学会(6月20~22日)で山梨県立北病院院長の宮田量治氏が、治療抵抗性統合失調症患者に対してクロザピンを有効かつ適正に使いこなすためのポイントを解説した。(関連記事「 抗精神病薬の長期使用の安全性を確認

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  学会レポート »  クロザピンを有効かつ適正に使うポイント