メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  高齢者 »  術前の高齢者総合機能評価、予後予測に重要

術前の高齢者総合機能評価、予後予測に重要

『CGAに基づく診療・ケアガイドライン2024』で推奨

2024年07月04日 17:00

147名の医師が参考になったと回答 

 今年(2024年)6月、『高齢者総合機能評価(CGA)に基づく診療・ケアガイドライン2024』(以下、GL2024)が刊行された。2003年に『高齢者総合機能評価ガイドライン』が刊行されて以来、21年ぶりのCGAに関するガイドラインとなる。GL2024作成グループの一員として外科手術(周術期)に関する項目を担当した岩手医科大学衛生学公衆衛生学講座准教授/大阪大学大学院老年・総合内科学医学部講師の赤坂憲氏は、GL2024を踏まえた術前CGAの意義について、大阪大学医学部附属病院における介入研究および実践事例などを交えて第66回日本老年医学会(6月13~15日)で報告。「術前のCGAは予後や合併症の予測に重要である」と述べた(関連記事:「術後予後の高齢者向け予測指標を特定」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  高齢者 »  術前の高齢者総合機能評価、予後予測に重要