メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  感染症 »  コロナワクチンの有害事象、朝食で防げる?

コロナワクチンの有害事象、朝食で防げる?

朝食摂取と十分な睡眠でリスク減

2024年07月08日 17:00

162名の医師が参考になったと回答 

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチンの接種後には、若年者を中心に高頻度で有害事象が発生することが知られている。岐阜大学大学院感染症寄付講座特任教授の手塚宜行氏らは、同大学の学生を対象にワクチン接種後の有害事象と関連する因子を検討。毎日の朝食摂取や十分な睡眠などが保護因子であったVaccine X2024年6月22日オンライン版)に報告した(関連記事「コロナワクチンの副反応は予防できる?!」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  感染症 »  コロナワクチンの有害事象、朝食で防げる?