メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  糖尿病・内分泌 »  フィブラート系が糖尿病網膜症の進行抑制

ADA 2024

フィブラート系が糖尿病網膜症の進行抑制

2024年07月09日 11:49

165名の医師が参考になったと回答 

 脂質異常症治療薬として開発されたフェノフィブラートが、プラセボに比べて早期の糖尿病網膜症/黄斑症の進行を有意に抑制することが、眼への影響を主要評価項目に設定した初のランダム化比較試験(RCT)で証明された。英・University of OxfordのDavid Preiss氏らが、英国立衛生研究所(NIHR)の助成を得て実施したLENS※1試験により明らかになったもので、結果は第84回米国糖尿病学会(ADA 2024、6月21~24日)で発表、N Engl J Med Evidence2024年6月21日オンライン版)に同時掲載された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  糖尿病・内分泌 »  フィブラート系が糖尿病網膜症の進行抑制