メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  消化器 »  統合失調症のC型肝炎リスク、コーヒーで抑制

統合失調症のC型肝炎リスク、コーヒーで抑制

メンデルランダム化解析

2024年07月10日 16:49

151名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 中国・Shanghai Jiao Tong University School of MedicineのHaoshuang Fu氏らは、ゲノムワイド関連解析(GWAS)データを用いたメンデルランダム化(MR)解析によりウイルス性肝炎と精神疾患との関連を検討。その結果、統合失調症患者では慢性C型肝炎のリスクが上昇しており、コーヒー摂取量の減少とBMI低下がその媒介因子である可能性が示されたFront Psychiatry2024; 15: 1359080)に発表した。統合失調症患者の慢性C型肝炎予防において、コーヒー摂取とBMIが新たな生活習慣の修正目標になりうるとしている(関連記事「コーヒーの香りに抗不安効果」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  消化器 »  統合失調症のC型肝炎リスク、コーヒーで抑制