メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  呼吸器 »  30°半坐位で術後の低酸素血症が低減

30°半坐位で術後の低酸素血症が低減

仰臥位、15°半坐位と比較

2024年07月10日 17:15

167名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 術後の麻酔覚醒時に発生する低酸素血症は、患者の回復に悪影響を及ぼす場合がある。中国・Xuzhou Medical UniversityのXinghe Wang氏らは、麻酔覚醒時に患者の体位を半坐位にすることで低酸素血症の発生リスクを低減できるかを検討するため、腹腔鏡下手術を受けた成人患者700例を対象にランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果、仰臥位に比べ、麻酔覚醒時に患者を30°の半坐位にすることで術後低酸素血症の発生率が約15%低下したとJAMA Netw Open2024; 7: e2416797)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  呼吸器 »  30°半坐位で術後の低酸素血症が低減