メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  デュピルマブ、小児の円形脱毛症に有望

デュピルマブ、小児の円形脱毛症に有望

アトピー性皮膚炎合併例が対象のスコーピングレビュー

2024年07月10日 17:31

175名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 アトピー性皮膚炎は円形脱毛症の合併率が高く、両疾患とも小児患者の心身に大きな負担をもたらす。カナダ・McMaster UniversityのDea Metko氏は、アトピー性皮膚炎と円形脱毛症を合併する小児患者へのヒト型抗ヒトIL-4/13受容体モノクローナル抗体デュピルマブの有効性について、既存研究を横断的に検討するスコーピングレビューを実施。デュピルマブは小児の円形脱毛症治療において有望な選択肢になりうるとの結果をPediatr Dermatol2024年7月4日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  デュピルマブ、小児の円形脱毛症に有望