メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »   »  セマグルチドで虚血性視神経症リスク増か

セマグルチドで虚血性視神経症リスク増か

米・眼科専門病院の後ろ向き研究

2024年07月10日 17:04

190名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 視神経への血液供給の阻害により視機能が侵される虚血性視神経症は、非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)と動脈炎性前部虚血性視神経症(AION)に分類される。米・Harvard T.H. Chan School of Public HealthのJimena T. Hathaway氏らは、使用例が急増しているGLP-1受容体作動薬セマグルチドについて実臨床でNAIONとの関連が疑われる症例に遭遇するケースがあることから、眼科/耳鼻咽喉科専門病院における患者登録データを用いた後ろ向きコホートマッチング研究を実施。「2型糖尿病または過体重/肥満治療のためにセマグルチドを処方された患者コホートでは、GLP-1受容体作動薬以外の薬を処方されたコホートに比べ、NAION発症リスクが4~7倍と高かった」とJAMA Ophthalmol(2024年7月3日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »   »  セマグルチドで虚血性視神経症リスク増か