メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  心臓超音波組織ドプラ法を用いて心房リモデリングを評価,心房細動アブレーション後の再発を予測

Circulation Journal Circulation Journal

2014. No.7の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 超高齢社会のわが国ではAF患者数やアブレーション治療件数が増加しています。本研究は,非侵襲的なtissuevelocityimaging(TVI)による心房壁細動の評価が心房リモデリングやAFの再発を予測することを示した点で臨床的意義があります。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

心臓超音波組織ドプラ法を用いて心房リモデリングを評価,心房細動アブレーション後の再発を予測

 2014年07月24日 17:08

 心房細動(AF)は心房の電気的・構造的リモデリングを惹起し,リモデリングの進行はアブレーション治療後のAF再発リスクを高める。心房のリモデリングの評価には,心エコーで測定した左房径(LAD)や左房体積(LAV)などが用いられるが,これらの指標の多くが洞調律時にしか測定できないため,AFの持続期間が長くなるに従い評価が難しくなる。また,心房のリモデリングが進行した患者はアブレーション後のAF再発率が高く,手技には合併症リスクが伴うため,術前にリモデリングや再発リスクをより詳細に評価するための指標が求められている。日本大学板橋病院循環器内科の園田和正氏らは,AFアブレーション治療を施行した連続80例の前方視的検討の結果から,組織ドプラ法(TVI)により測定したAF時の左房壁運動の周期長(AFCL-tvi)および運動速度(AFW-V-tvi)が,心房リモデリングの非侵襲的な評価指標として有用であり,アブレーション後のAF再発を予測しうることをCric J(2014;78:1619-1627)に報告。TVIで測定したAFW-V-tviは,洞調律時に使用されるリモデリング指標とよく相関し,進行したAF患者にも使用できる利点があるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  心臓超音波組織ドプラ法を用いて心房リモデリングを評価,心房細動アブレーション後の再発を予測

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10037520 有効期限:10月末まで