メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  非心臓大手術が非リウマチ性大動脈弁狭窄症の急速進行のリスク要因に

Circulation Journal Circulation Journal

2015. No.4の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 非リウマチ性大動脈弁狭窄症(AS)の病態生理には,全身の炎症性反応の関与が示唆されています。本研究は,非心臓手術に伴う全身性の炎症性反応が非リウマチ性ASを進展させる可能性を初めて示した点で臨床的意義があります。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

非心臓大手術が非リウマチ性大動脈弁狭窄症の急速進行のリスク要因に

 2015年04月23日 15:44
プッシュ通知を受取る

 人口の高齢化に伴い,弁の硬化変性による非リウマチ性大動脈弁狭窄症(AS)が増加しているが,心臓以外の大手術による炎症刺激が,その増悪因子になる可能性が浮上した。奈良県立医科大学中央臨床検査部講師の水野麗子氏は,同大学第1内科との共同研究により経胸壁心エコー(TTE)で経過観察中の非リウマチ性AS患者連続218例を後方視的に検討。その結果,全身麻酔下の非心臓大手術を受けた患者は,受けなかった患者に比べて,大動脈弁の最大圧較差(最大AVG)で評価した年間進行速度が有意に加速しており,非心臓大手術は非リウマチ性ASの急速進行の独立した予測因子であったことをCirc J(2015;79:867-872)に報告。非心臓大手術が,非リウマチ性ASの増悪に関連することを示した研究は今回が初で,追試結果が注目される。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

コロナ感染者2ケタ続く東京。どうすればいい?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  非心臓大手術が非リウマチ性大動脈弁狭窄症の急速進行のリスク要因に

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R06037393 有効期限:6月末まで