メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  腹部肥満なくても,心外膜脂肪容積は非石灰化プラークに関連

Circulation Journal Circulation Journal

2015. No.5の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 メタボリックシンドロームの病態における内臓脂肪の役割が注目されています。本研究では,冠動脈CTにおいて評価できる心外膜の脂肪容積が,腹部内臓脂肪とは別の新たな指標になりうる可能性を示した点で意義があります。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

腹部肥満なくても,心外膜脂肪容積は非石灰化プラークに関連

~石灰化スコア0患者の冠動脈CT評価~

 2015年05月28日 14:58
プッシュ通知を受取る

 冠動脈石灰化(coronaryarterycalcium;CAC)のない患者は,冠動脈疾患や心血管事故のリスクが低いとされているが,非石灰化プラークによる冠動脈硬化や閉塞のリスクはある。広島大学循環器内科の対馬浩氏らは,冠動脈疾患の疑いで冠動脈CT造影(CCTA)を受けたCACスコア0の患者352例の横断研究の結果から,CTで評価した心外膜脂肪(epicardialadiposetissue;EAT)容積,腹部内臓脂肪(visceraladiposetissue;VAT)面積はそれぞれ独立して,非石灰化プラークに関連することをCirc J(2015;79:1084-1091)に報告。腹部肥満やメタボリックシンドローム(Mets)がなくても,EATの多い患者は,Metsや腹部肥満の患者と同程度に非石灰化プラークの検出頻度が高いという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  腹部肥満なくても,心外膜脂肪容積は非石灰化プラークに関連