メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第1回>高齢者は"一般的"と"臨床的"に分けて考える

高齢者診療のコツとヒント 高齢者診療のコツとヒント

<第1回>高齢者は"一般的"と"臨床的"に分けて考える

 2015年09月02日 13:42
プッシュ通知を受取る

症例:90歳男性
血便で来院,下部消化管内視鏡で大腸がんと診断された。軽度の認知機能障害があり,手術や外科受診について相談すると,「まだまだ生きたいんです。ぜひ手術を受けさせてください」と気持ちを明かした...

何をもって臨床的に高齢者であると判断するか

 高齢者の臨床で難しいことの1つに,「この患者は"高齢者"である」と一律に定義する基準がないことが挙げられます。一定以上の年齢であっても若年・壮年層と同様のアプローチをすれば妥当である患者もいれば,65歳を超えたばかりなのにさまざまな衰えがあり高齢者の特徴を踏まえる必要がある患者もいるためです。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

抗認知症薬を処方する前に甲状腺機能検査を実施していますか?

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第1回>高齢者は"一般的"と"臨床的"に分けて考える

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R08024024 有効期限:8月末まで