メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  増える予防接種の”今” »  <2>確認だけでは防げない予防接種の事故

増える予防接種の”今” 増える予防接種の”今”

<2>確認だけでは防げない予防接種の事故

 2015年09月10日 13:37
プッシュ通知を受取る

 接種要領の間違い,期限切れワクチンの使用などの予防接種の事故が増えている。定期接種だけで年間約4,000万に上る接種回数において,少なくとも4,600回の事故が報告されている。予防接種による事故は針刺し事故による健康被害だけでなく,医療機関にもダメージをもたらす。事故が増えれば,予防接種制度への信頼も損なわれる。そのため,誤接種に対する注意喚起や誤接種予防マニュアルでは「十分な確認」を呼びかけている。しかし,崎山小児科(東京都府中市)院長の崎山弘氏は「確認だけでは接種事故は減らない」と話す。その理由と解決策を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  増える予防接種の”今” »  <2>確認だけでは防げない予防接種の事故