メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A »  <Q3>「入院」などソフトエンドポイントを使うのはなぜ?

Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A

第1章 エンドポイント-スポーツ試合の勝敗基準

<Q3>「入院」などソフトエンドポイントを使うのはなぜ?

<A>臨床的診断や現実も加味して評価するためです

 2015年10月06日 16:00
プッシュ通知を受取る

「ハード」と「ソフト」は客観と主観の違い

 ハードエンドポイントは死亡・発熱などのように基準や判定が明確・客観的なもので誰が診断しても確実です。一方,ソフトエンドポイントは超音波診断のように診断者によって判定がばらついたり入院基準などのように主観的・人情的・作為的要因の影響を受けやすかったりするものです()。国や施設による方針の違いも影響します。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  連載・特集 »  Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A »  <Q3>「入院」などソフトエンドポイントを使うのはなぜ?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R02037397 有効期限:2月末まで