メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 香坂俊(循環器) »  スタチンからの「勇気ある撤退」

ドクターズアイ 香坂俊(循環器) ドクターズアイ 香坂俊(循環器)

スタチンからの「勇気ある撤退」

減算型RCTが教えてくれるエビデンスのTPO
慶應義塾大学内科学(第一三共心血管炎症学寄附講座)香坂 俊

 2015年10月13日 14:26
プッシュ通知を受取る

研究の背景1:薬剤を"間引く"RCTからリアル・ワールドに役立つエビデンス

 前向きのランダム化研究(RCT)といえば,新薬をランダム割り付けで既存治療に「足して」,その効果を見るというデザインが代表的なものであろう。こうした加算型RCTの結果を受け,ガイドラインベースで予後改善に有効とされる薬剤(guideline-based medical therapy; GBMT)は増えてきている(特に循環器領域で)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

ひと月の小遣いは?(医師会員からの投稿)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 香坂俊(循環器) »  スタチンからの「勇気ある撤退」

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12037463 有効期限:12月末まで