メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  アルドステロン拮抗薬の再評価

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

アルドステロン拮抗薬の再評価

北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2015年10月15日 10:22
プッシュ通知を受取る

研究の背景:RA系阻害薬の併用の成績はふるわなかった

 糖尿病合併症の発症機序にはさまざまな仮説が提唱されているが,その一つが臓器内レニン・アンジオテンシン(RA)系の活性化であり,RA系を阻害することは糖尿病合併症を含めさまざまな原因による血管障害の予防に有用だとされている。RA系阻害薬には,直接的レニン阻害薬,ACE阻害薬,アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB),アルドステロン拮抗薬の4種が存在するが,中でも歴史的な開発の経緯からACE阻害薬とARBの価値は確立されている。

 しかし,この両者ではアルドステロン・ブレークスルーと呼ばれる現象を防ぎきれず,さらなるRA系の阻害が必要であることも周知のことであり(Am J Hypertens 2003;16:781-788Nat Clin Pract Nephrol 2007;3:486-492),RA系阻害薬の併用の有用性を検証するさまざまな試験が行われてきた。しかし,直接的レニン阻害薬とACE阻害薬もしくはARBの併用(ASPIRE試験;Eur Heart J 2011;32:1227-1234),ACE阻害薬とARBの併用(ONTARGET試験;N Engl J Med 2008;358:1547-1559)は治療効果を高めずに有害作用のみを増加させ,アルドステロン拮抗薬のエプレレノンはわが国では糖尿病腎症患者には禁忌とされており,併用どころかそもそも投与ができなかった。

 このたび,新たなアルドステロン拮抗薬であるfinerenoneの糖尿病腎症に対する有効性がJAMA (2015;314:884-894)に報告され,今後の糖尿病腎症の治療のあり方に一石を投じているのでご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

ひと月の小遣いは?(医師会員からの投稿)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  アルドステロン拮抗薬の再評価

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12037587 有効期限:12月末まで