メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  ACS患者ではPCI後早期の血糖変動幅が非責任病変急速進行の独立した予測因子

Circulation Journal Circulation Journal

2015. No.10の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 食後高血糖を含む終日の血糖管理の重要性が指摘され,連続血糖モニターの有用性が注目されています。本研究は,急性冠症候群患者において,1日の血糖変動幅が大きいほど非責任病変の動脈硬化が進展することを示した点で重要です。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

ACS患者ではPCI後早期の血糖変動幅が非責任病変急速進行の独立した予測因子

 2015年10月19日 11:52

 糖尿病や耐糖能異常は冠動脈疾患(CAD)発症リスクを高めるが,初発,再発予防として効果的な血糖管理方法は必ずしも明確ではない。また,重症低血糖も心血管イベントとの関連が報告されている。こうした中,血糖値変動(GV),特に持続血糖測定装置(CGMS)で正確に評価したGVが新たな糖代謝指標として注目されている。横浜市立大学市民総合医療センター・心血管センター内科の片岡俊介氏らは,初回急性冠症候群(ACS)の発症時に経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を受けた88例のGVをCGMSを用いて測定し,冠動脈造影(CAG)所見の1年後の変化を前向きに検討。その結果,平均血糖値変動幅(MAGE)が,PCI後約1年間の非責任病変の急速進行(Rapid Progression;RP)の独立した予測因子であることをCirc J(2015; 79: 2246-2254)に報告。ACS患者では,既にRPとの関連が報告されている高感度CRP(hs-CRP)や多発性複雑病変に加え,GVが再発予防を目的とした積極的な治療必要性の指標となりうるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  ACS患者ではPCI後早期の血糖変動幅が非責任病変急速進行の独立した予測因子

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10037621 有効期限:10月末まで