メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  医療品などの自己“処方”から患者を守るには »  <1>個人輸入:偽造医薬品だけにとどまらない危険性

医療品などの自己“処方”から患者を守るには 医療品などの自己“処方”から患者を守るには

<1>個人輸入:偽造医薬品だけにとどまらない危険性

 2015年10月21日 13:00
プッシュ通知を受取る

 2014年の薬事法の改正以降,インターネットを利用した薬剤購入が一気に身近なものとなった。一方で,合法を装うサイトを介した医薬品の個人輸入も盛んに行われている。ネット販売の利用者は利便性を手にするとともに,適正使用に関わるリスクや偽造医薬品などによるトラブルの危険性も抱えることになった。本企画は,医療者の目の届かないところで進行するネット販売の実態を明らかにし,その対策を考えるシリーズである。第1回では個人輸入を取り上げ,世界保健機関(WHO)在籍時から偽造医薬品の問題に取り組んでいる,金沢大学医薬保健研究域国際保健薬学教授の木村和子氏に話を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

消費増税前の駆け込み購入、何を?

ホーム »  連載・特集 »  医療品などの自己“処方”から患者を守るには »  <1>個人輸入:偽造医薬品だけにとどまらない危険性

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R08037631 有効期限:8月末まで