メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第5回>高齢者の臨床情報は分散・断片化する

高齢者診療のコツとヒント 高齢者診療のコツとヒント

<第5回>高齢者の臨床情報は分散・断片化する

 2015年11月02日 14:30

症例:85歳女性
高血圧,心不全,認知症で近所の医院に長年通院しているが,娘による薬剤管理が不可欠なため内服薬は1日1回としていた。今回,心不全が増悪し入院となったが,加療で心不全は軽快し退院となった。入院中,薬剤が調整され内服薬は1日2回の内服薬となった...

高齢者の臨床情報の統合・継続には限界がある

 高齢者の臨床情報は分散しやすく,“ばらばら”に断片化しやすい可能性を秘めています。高齢者では並存疾患が多い上に,わが国の現状の医療システムでは,患者はありふれた症候・疾患であっても,それぞれに応じて異なる医療機関を受診することが珍しくありません。そのため,高齢者は複数の医療機関へ通院していることがあり,その場合には臨床情報が分散してしまいます。それぞれの医療機関に“主治医”がいて,検査や投薬がなされる可能性があるため,それらの詳細を全て把握することには限界があります。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第5回>高齢者の臨床情報は分散・断片化する

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10030556 有効期限:10月末まで