メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A »  <Q5>同じ研究デザインでもガイドラインごとにエビデンスレベルが違うのはなぜ?

Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A

第2章 試験デザインとエビデンスの捉え方―バイアスとの不断の闘い

<Q5>同じ研究デザインでもガイドラインごとにエビデンスレベルが違うのはなぜ?

<A>エビデンスレベルは絶対的なものではなく,研究のカテゴリやガイドライン策定者の見識によって変動するからです

 2015年11月12日 10:30
プッシュ通知を受取る

エビデンスレベルがGLによって異なるわけ

 一般に,エビデンスのレベルは研究デザインに応じた妥当性の高さで分類されます(表1)。しかし,研究カテゴリによって適切な研究デザインが異なるため(表2),カテゴリごとに妥当性だけでなく適切性も加味したレベル付けが誕生します。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  連載・特集 »  Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A »  <Q5>同じ研究デザインでもガイドラインごとにエビデンスレベルが違うのはなぜ?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R09037404 有効期限:9月末まで