メニューを開く 検索を開く ログイン
医療品などの自己“処方”から患者を守るには 医療品などの自己“処方”から患者を守るには

<3>抗アレルギー薬

手軽さと引き換えるには大き過ぎるリスク

 2015年11月13日 11:00
プッシュ通知を受取る

大久保氏 花粉症治療に用いられる抗アレルギー薬は,インターネット販売でも人気がある薬剤の1つである。個人輸入も活発で,代行サイトでは医療用医薬品や日本未承認薬の効能が"魅力的"に宣伝されている。個人輸入の利用者にはこれらの薬剤を試すだけではなく,服用量を増やすなど"セルフ人体実験"とも見える自己処方を行う者が少なくない。このような抗アレルギー薬の個人輸入と自己処方の危険性について,日本医科大学耳鼻咽喉科学講座主任教授の大久保公裕氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  医療品などの自己“処方”から患者を守るには »  <3>抗アレルギー薬