メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  単純性急性虫垂炎に対する抗生物質治療は標準治療になりうるのか?

ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器)

単純性急性虫垂炎に対する抗生物質治療は標準治療になりうるのか?

ランダム化比較試験結果を読む
慶應義塾大学医学教育統轄センター 鈴木秀和

 2015年11月16日 10:00

研究の背景:抗生物質登場以前から虫垂切除が標準治療の座を占める

  過去1世紀以上にわたり,単純性急性虫垂炎の治療は手術(虫垂切除)が標準であると考えられてきており,米国では年間30万件の虫垂切除が実施されているのが現状である。1世紀以上前に,Fiz氏が虫垂と骨盤膿瘍との関係を指摘し(Am J Med Sci 1886; 92: 321),McBurney氏が虫垂切除による骨盤感染の死亡減少を示して以来(NY Med J 1889; 50: 676),急性虫垂炎は常に穿孔に至るものと考えられてきた。こうした経緯から,急性虫垂炎は診断されたら,緊急の虫垂切除が必要であるという概念が出来上がったのである。しかし,Fiz氏やMcBurney氏の論文は,抗生物質が使えるようになるよりも40年以上も前のもので,今からすれば抗生物質をあえて使わずに虫垂切除により難治性の骨盤内感染リスクを減少させ生命を救っていたことになる。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  単純性急性虫垂炎に対する抗生物質治療は標準治療になりうるのか?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10037777 有効期限:10月末まで