メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  日本血栓止血学会誌ガイド »  動脈内のずり応力による血小板凝集メカニズムの解明へ

日本血栓止血学会誌ガイド 日本血栓止血学会誌ガイド

動脈内のずり応力による血小板凝集メカニズムの解明へ

日本血栓止血学会誌2015年Vol. 26 No. 5

 2015年11月30日 13:00

編集部から

 血栓止血学は診療科横断的に関わるテーマです。本シリーズでは,日本血栓止血学会誌から日常診療で遭遇する血栓止血学をテーマに,同誌編集長の浦野哲盟氏(浜松医科大学医生理学講座教授)が選んだ論文を毎号紹介します。シリーズ第11回は,東海大学循環器内科の塩﨑聖治氏による「von Willebrand 因子の機能と構造―A1ドメインとglycoprotein Ibα(GPIbα)の力学的相互作用について―」〔日本血栓止血学会雑誌2015; 26(5): 557-561〕。同誌編集長は「血管内を流れる血小板の粘着や凝集反応には多くの分子間結合が寄与する。これらの分子機構の詳細は,関連する蛋白質分子や複合体のX線回折像などにより明らかになりつつある。近年,個々の分子間の結合力の解析方法が確立され,血小板研究にも応用され始めた。塩崎氏は,原子間力顕微鏡(AFM)および光ピンセットを用いたvon Willebrand因子A1ドメインと血小板glycoprotein Ibα(GPIbα)の結合力の解析結果を,自身のデータを含めて紹介している。ずり応力下でさまざまな分子間結合する血小板の粘着・凝集機構の詳細な解析,その理解を基盤とした安全で有効な創薬には欠かせない研究分野として,今後の発展が期待される」と述べています。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  2. 2

    真夏の夜の夢

  3. 3

    ASCO2017 がん免疫療法のトピックス

  4. 4

    8学会で抗菌薬適正使用を支援

  5. 5

    重症産後うつ病に有望な注射薬は?

  6. 6

    2050年に世界で1億1,500万人が失明

  7. 7

    開業に必要な3つの「決めるべきこと」

  8. 8

    生薬の"染色体毒性"を防いで流産防止

  9. 9

    米国のてんかん患者数が増加、CDC・2015年推計

  10. 10

    家庭血圧の日々変動が認知症発症リスクに

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  4. 4

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  7. 7

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  8. 8

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  9. 9

    統合失調症、陰性症状の治療と支援

  10. 10

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  日本血栓止血学会誌ガイド »  動脈内のずり応力による血小板凝集メカニズムの解明へ

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R08037894有効期限:8月末まで