メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  インスリンの混和不足が血糖不安定性の一因か

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

インスリンの混和不足が血糖不安定性の一因か

北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2015年12月01日 10:48
プッシュ通知を受取る

研究の背景:インスリン混和が必要な製剤がある

 インスリン注射レジメンとしてどのようなものがよいのか―。長く議論されてきた問題である。超速効型3回,混合型2回,持効型1回を比較した4T試験などは2度にわたってN Engl J Med2007;357:1716-17302009;361:1736-1747)に掲載されたほどである(関連記事)。

 ただ,これまでの研究では,中間型や二相性インスリン注射製剤では注射前の混和が必要であることについての注目はなされておらず,患者はきちんと混和ができるものという前提で試験が遂行されていたように思う。一方で,私は臨床的には混和が十分にできていないことに伴う治療効果の不安定性を感じることがあった。

 このたび,中間型インスリン製剤(NPHインスリン)を用いて,混和のレベルによりインスリンの吸収スピードや血糖低下作用が大きく影響されることを示す論文が報告されたのでご紹介したい(Diabetes Care 2015年9月10日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

ひと月の小遣いは?(医師会員からの投稿)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  インスリンの混和不足が血糖不安定性の一因か

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12037916 有効期限:12月末まで