メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  NOACは消化管出血を増やすのか―その対策は?

ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器)

NOACは消化管出血を増やすのか―その対策は?

慶應義塾大学医学教育統轄センター 鈴木秀和

 2015年12月21日 08:00
プッシュ通知を受取る

研究の背景:NOACにも付きまとう消化管出血リスクの懸念

 心房細動(AF)に伴う心原性脳塞栓症や下肢静脈血栓症に対する抗凝固療法としてワルファリン(ビタミンK阻害型薬;VKA)が長らく使われてきたが,近年は新たに登場した非ビタミンK阻害経口抗凝固薬(NOAC)に主流が移りつつある。しかしNOACであっても出血リスクの懸念はある。大出血リスクの1つが消化管出血であり,抗凝固療法を受けている患者に共通する合併症である。NOACも,臨床的に問題となる消化管出血のリスクに関与していると考えられるが,重篤な事象に関しての知見の詳細については現時点では明確でない。そこで,Caldeiraらが行ったメタ解析を基にしたシステマチックレビューを紹介する(Aliment Pharmacol Ther 2015; 42: 1239-1249)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  NOACは消化管出血を増やすのか―その対策は?

error in template: found but mtif was expected