メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  DAPT前投与はPCI施行患者の周術期MIを抑制

Circulation Journal Circulation Journal

2015. No.12の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 PCI前のDAPTの開始はガイドラインでも推奨されています。本研究は,多施設共同研究において,約3分の1のPCI症例にはまだ術前のDAPTが実施されていないこと,DAPTが術後のリスク軽減に有用であることを明らかにした点で重要です。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

DAPT前投与はPCI施行患者の周術期MIを抑制

関東地区大規模レジストリJCD-KiCS

 2015年12月25日 13:00
プッシュ通知を受取る

 国内外の診療ガイドラインでは,経皮的冠動脈インターベンション(PCI)施行患者に対し,ステント血栓症や周術期心筋梗塞(MI)の予防を目的として,抗血小板薬2剤併用療法(DAPT)の前投与がクラスⅠで推奨されているが,日本人については,十分なデータがない。こうした中,東京医療センター循環器内科の池上...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

医学・医療情報、主に見るのは...

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  DAPT前投与はPCI施行患者の周術期MIを抑制