メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A »  <Q9>「有意差なし」=「非劣性」?

Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A

第3章 エビデンスの臨床への生かし方(臨床と統計学の接点)

<Q9>「有意差なし」=「非劣性」?

A 「有意差なし」≠「非劣性」(非劣性とは,統計学的有意差がないことではありません。)

 2016年01月08日 07:05
プッシュ通知を受取る

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

先生のいつものビール、銘柄は?

ホーム »  連載・特集 »  Dr.能登の ここでしか聞けない!臨床統計Q&A »  <Q9>「有意差なし」=「非劣性」?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11037550 有効期限:11月末まで