メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  日本血栓止血学会誌ガイド »  糖尿病性骨代謝異常に"PAI-1が関与",しかも性差あり!

日本血栓止血学会誌ガイド 日本血栓止血学会誌ガイド

糖尿病性骨代謝異常に"PAI-1が関与",しかも性差あり!

日本血栓止血学会誌2015年Vol. 26 No. 6

 2016年01月18日 06:55

編集部から

 血栓止血学は診療科横断的に関わるテーマです。本シリーズでは,日本血栓止血学会誌から日常診療で遭遇する血栓止血学をテーマに,同誌編集長の浦野哲盟氏(浜松医科大学医生理学講座教授)が選んだ論文を毎号紹介します。シリーズ第10回は,近畿大学再生機能医学講座の田村行識氏らによる「骨代謝異常における Plasminogen Activator Inhibitor-1 の役割」〔日本血栓止血学会雑誌2015; 26(6): 619-625〕。同誌編集長は「Plasminogen activator inhibitor type 1(PAI)-1は肥満や脂質異常症では肝臓や脂肪細胞での産生が亢進し,メタボリックシンドロームにおける血栓症発症の鍵因子として注目されてきた。近畿大学の田村らは,骨代謝におけるPAI-1の役割に着目し,PAI-1が糖尿病やステロイド性骨粗鬆症に関与することをモデルマウスで見出した。いずれも肝臓などでPAI-1産生が亢進し,血中濃度が増加することが知られている。田村らは,前者では間葉系細胞から骨芽細胞への分化の抑制,後者では骨芽細胞のアポトーシスの促進が関わるとしている。また海外の報告から閉経後の骨粗鬆症発症にも関わる可能性が示されている。近年PAI-1阻害薬の開発が進んでおり,新たな治療方法の確立につながる研究として,今後さらなる発展が期待される」と述べています。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  日本血栓止血学会誌ガイド »  糖尿病性骨代謝異常に"PAI-1が関与",しかも性差あり!

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10038216 有効期限:10月末まで