メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  運動のタイミングとインスリンの調整

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

運動のタイミングとインスリンの調整

北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2016年01月19日 14:56
プッシュ通知を受取る

研究の背景:運動療法に伴う低血糖は予防法が確立されていない

 糖尿病治療法として運動療法の意義は確立されている。しかし,運動療法に伴う低血糖の発症を予防する方法は確立されていない。特にインスリン予備能力が低下した1型糖尿病患者においては,低血糖が生じやすく,重症化もしやすい。一方,1型糖尿病患者の寿命が延長されるに伴って,心血管死が問題視されるようになった(N Engl J Med 2014; 371: 1972-1982)。

 そう考えると,(1型)糖尿病患者が運動を安全かつ有効に実施する方法を確立することは,極めて重要な課題になってきているといえよう。そんな中,フランスのグループが,1型糖尿病患者を対象にさまざまな強度,さまざまなタイミングでエアロバイク運動を実施させ,インスリン注射調整法を検討する臨床試験の結果を報告したのでご紹介したい(Diabetes Obes Metab 2015; 17: 1150-1157)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  運動のタイミングとインスリンの調整

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11038233 有効期限:11月末まで