メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  特異的PAH治療薬導入後の カテーテル短絡閉鎖術で良好な成績

Circulation Journal Circulation Journal

2016. No.1の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 肺高血圧症を伴う心房中隔欠損症(ASD)の治療には苦慮するところです。本研究は,PHに対する血管拡張薬治療を先行させた後,カテーテルによるASD閉鎖術を施行する治療方針が有効であることを示した点で意義があります。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

特異的PAH治療薬導入後の カテーテル短絡閉鎖術で良好な成績

顕著な肺高血圧症を伴う心房中隔欠損症

 2016年01月25日 17:00

 近年,肺動脈性肺高血圧症(PAH)に対する特異的治療が目覚ましく進歩しており,重症例はプロスタサイクリン持続静注,軽症〜中等症はエンドセリン受容体拮抗薬やPDE-5阻害薬などの経口薬で管理可能となっている。一方,心房中隔欠損症(ASD)に対し,より低侵襲のカテーテル短絡閉鎖術が普及しつつあるが,PAHを伴うASDの治療戦略は十分確立されていない。岡山大学循環器内科の木島康文氏らは,特異的PAH治療薬を必要としたASD患者22例のカテーテル短絡閉鎖術後約1年の治療成績について検討。その結果,顕著なPAHを伴うASDであっても,術前に特異的PAH治療を導入することで血行動態が改善し,症状を悪化させることなくカテーテル閉鎖を安全に施行できることをCirc J(2016; 80: 227-234)に報告。今後,特異的PAH治療薬に反応するASD患者では,薬物療法に加えて短絡閉鎖術という治療選択肢が増えることが期待されるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  特異的PAH治療薬導入後の カテーテル短絡閉鎖術で良好な成績

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10038276 有効期限:10月末まで