メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  Circulation Journal »  特異的PAH治療薬導入後の カテーテル短絡閉鎖術で良好な成績

Circulation Journal Circulation Journal

2016. No.1の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 肺高血圧症を伴う心房中隔欠損症(ASD)の治療には苦慮するところです。本研究は,PHに対する血管拡張薬治療を先行させた後,カテーテルによるASD閉鎖術を施行する治療方針が有効であることを示した点で意義があります。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明氏

特異的PAH治療薬導入後の カテーテル短絡閉鎖術で良好な成績

顕著な肺高血圧症を伴う心房中隔欠損症

2016年01月25日 17:00

 近年,肺動脈性肺高血圧症(PAH)に対する特異的治療が目覚ましく進歩しており,重症例はプロスタサイクリン持続静注,軽症〜中等症はエンドセリン受容体拮抗薬やPDE-5阻害薬などの経口薬で管理可能となっている。一方,心房中隔欠損症(ASD)に対し,より低侵襲のカテーテル短絡閉鎖術が普及しつつあるが,P...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  連載・特集 »  Circulation Journal »  特異的PAH治療薬導入後の カテーテル短絡閉鎖術で良好な成績

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD038276 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外