メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻② 医師法第21条「異状死体」の改正案

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! 弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!

快刀乱麻② 医師法第21条「異状死体」の改正案

 2016年03月01日 14:40
プッシュ通知を受取る

 今回は,会社法から見た医療法人のガバナンスについて執筆する予定であったが,連載開始早々から掟破りで恐縮ながらトピックスに踏みこまざる得なくなった。日本医師会の医事法関係検討委員会の臨時答申「医師法第 21 条の規定の見直しについて」(委員長は愛知県医師会長の柵木充明先生で,私の大学の先輩である)において,異状死体に関わる第21条改正案が発表されたからである。

 昨年,愛知県医師会で医療事故調査制度についての講演を行った際,柵木先生と直接お会いしてお話させていただいた。それによると,この報告書が一部の委員によって,柵木先生の思うようにまとめられなかったことなどを伺っており,内情は分かっているのだが,問題点はあえて指摘しておく必要があると考えたので,トピックスとして紹介させていただく。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻② 医師法第21条「異状死体」の改正案