メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻② 医師法第21条「異状死体」の改正案

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! 弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!

快刀乱麻② 医師法第21条「異状死体」の改正案

 2016年03月01日 14:40
プッシュ通知を受取る

 今回は,会社法から見た医療法人のガバナンスについて執筆する予定であったが,連載開始早々から掟破りで恐縮ながらトピックスに踏みこまざる得なくなった。日本医師会の医事法関係検討委員会の臨時答申「医師法第 21 条の規定の見直しについて」(委員長は愛知県医師会長の柵木充明先生で,私の大学の先輩である)において,異状死体に関わる第21条改正案が発表されたからである。

 昨年,愛知県医師会で医療事故調査制度についての講演を行った際,柵木先生と直接お会いしてお話させていただいた。それによると,この報告書が一部の委員によって,柵木先生の思うようにまとめられなかったことなどを伺っており,内情は分かっているのだが,問題点はあえて指摘しておく必要があると考えたので,トピックスとして紹介させていただく。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻② 医師法第21条「異状死体」の改正案

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11050046 有効期限:11月末まで