メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  食後血糖値を予測するプログラム

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

食後血糖値を予測するプログラム

北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2016年03月09日 07:30

研究の背景:食後の血糖値が正確に予測できたら・・・

 食事摂取に伴う血糖上昇は,その多くが糖質摂取によって規定されるものの,蛋白質や脂質摂取の影響も受けており,その個体のインスリン分泌能力によって,血糖を上昇させることもあれば,させない(糖質摂取による血糖上昇を軽減させる)こともある(関連記事)。しかし,その正確な予測ができれば,適切なインスリン投与が可能となり,低血糖リスクの少ない高血糖の改善を実現することができよう。

 このたび,イスラエル・テルアビブ大学のグループが,標準食摂取下で実施した持続血糖モニタ―(CGM)の測定値,腸内フローラといったさまざまなデータを基に,個人ごとに食事摂取による血糖上昇の予測プログラムを作成し,Cell2015; 163: 1079-1094)に報告した。

 それによると,食後の血糖上昇は,食事内容だけでなく,BMI,HbA1c,年齢,空腹時血糖(FPG),腸内フローラなどで規定されていたが,その予測プログラムを用いた食事指導は,なんと,熟練した管理栄養士が食事記録とCGMデータを用いて行った食事指導と同じ治療効果をもたらしていた。"患者に寄り添う"という古典的な医療スタイルが,最先端の研究結果から導かれる医療と同じだったということが興味深く,ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  食後血糖値を予測するプログラム

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10500418 有効期限:10月末まで