メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  5,300年前のミイラからのH. pyloriで人類の大移動が明らかに?

ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器)

5,300年前のミイラからのH. pyloriで人類の大移動が明らかに?

慶應義塾大学医学教育統轄センター 鈴木秀和

 2016年03月15日 07:20

 Helicobacter pyloriH. pylori)は世界中で多くのヒトの胃の粘液層にすみついている菌で,胃炎,胃・十二指腸潰瘍や胃がん,胃MALTリンパ腫の原因となり,現在でも人類の多くに感染している。特に,日本を含む東アジアでは,胃がん発症との関連から非常に注目され,H. pyloriによる胃炎に対して,わが国では本菌の除菌療法が保険適用になっている。H. pyloriは人間と共存する微生物としては最古の部類に入り,現在の菌株からさかのぼった遺伝子系統樹からは,10万年以上前に人類がアフリカを出たときから移住を始めたときにはもう既に保菌しており,やがて世界中に広まったことが分かっている。

  5,300年前に氷漬けになった銅器時代のミイラとして知られる「アイスマン」は,1991年にイタリアとオーストリアの国境付近で発見され,それ以来繰り返し分析されてきた。凍結した遺体の衣服の素材から,体内に入った花粉に至るまで,あらゆるものを調べた結果,初期の欧州農耕民の外見や生活,死因などについての多くの手掛かりが得られている。 今回,イタリア・ボルツァーノにあるミイラ・アイスマン研究所のFrank Maixner博士らは,このアイスマンの胃から世界最古のH. pyloriを同定し,その分析から人類の移動に関する大変興味深い報告を行った(Science 2016; 351:162-165)。今回は,少々趣向を変えて,この"古代ミステリー"を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 鈴木秀和(消化器) »  5,300年前のミイラからのH. pyloriで人類の大移動が明らかに?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10500397 有効期限:10月末まで