メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  「高齢者の不眠にBZ系睡眠薬」の前に

CNS Today CNS Today

「高齢者の不眠にBZ系睡眠薬」の前に

関連GL踏まえた一般診療のポイントを押さえる

 2016年03月17日 17:45
プッシュ通知を受取る

三島氏 不眠を含む睡眠問題の頻度は加齢に伴い高まることが知られている。超高齢社会のわが国では,睡眠薬の7割超が高齢者に処方されている。しかし,ベンゾジアゼピン(BZ)系薬など一部の睡眠薬は高齢者の転倒や骨折,認知機能低下などのリスクを高めることが分かっている。「BZ系薬の主なユーザーである高齢者は,同時にその副作用や依存形成の高リスク者。このことを,不眠症治療のフロントラインに立つ全てのプライマリケア医に認識してほしい」−。以前から同薬の安易な処方に警鐘を鳴らしてきた国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部部長の三島和夫氏はそう強調する。3月18日の世界睡眠デーを前に,同氏に最近の知見や関連ガイドライン(GL)を踏まえた一般診療のポイントについて聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  連載・特集 »  CNS Today »  「高齢者の不眠にBZ系睡眠薬」の前に

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12500470 有効期限:12月末まで