メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 香坂俊(循環器) »  サブ解析で炙りだされたPolypharmacyの「害」

ドクターズアイ 香坂俊(循環器) ドクターズアイ 香坂俊(循環器)

サブ解析で炙りだされたPolypharmacyの「害」

慶應義塾大学循環器内科 香坂 俊

 2016年03月21日 07:00

研究の背景:ROCKET-AFという大規模試験

 ROCKET-AFは 2010年に学会(米国心臓協会学術集会:AHA)で発表され,2011年に論文化1)されている。主解析 (Main Analysis)の目的は,リバーロキサバンという非ビタミンK阻害経口抗凝固薬(NOAC)を検証し,その効果がワルファリンに対して非劣性注)であることを示した。

 そしてROCKET-AF試験のサブ解析がCirculation 2月号2)に発表された。Polypharmacyに関する話題を扱ったもので,端的に述べると,心房細動に対して脳梗塞の予防のために抗凝固薬を使うが,このときベースラインで使っているクスリが多ければ多いほど副作用(出血)が増す,というサブ解析の結果を示したものである。

図1. ベースラインでの使用薬剤の数に応じた出血イベントの発症率:ROCKET-AF試験に参加した患者の3分の2が実に5剤以上の薬剤を使用しており,そしてこの使用している薬剤が多ければ多いほど副作用(出血合併症)の発症率が高くなっていることがわかる

 結果そのものは非常に分かりやすく,これ以上の形でPolypharmacyによる診療上の「予期せぬ帰結」を明確に示したグラフには中々お目にかかれないだろう。ここでは,さらにその意味するところを薬理的な議論と臨床試験のサブ解析の扱いの双方の観点から取り上げてみたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 香坂俊(循環器) »  サブ解析で炙りだされたPolypharmacyの「害」

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10500468 有効期限:10月末まで