メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  家庭医そんそんの「対話」のススメ »  【其の一】困った患者にこそ「共感」を

家庭医そんそんの「対話」のススメ 家庭医そんそんの「対話」のススメ

【其の一】困った患者にこそ「共感」を

 2016年04月15日 07:00
プッシュ通知を受取る

  医師という仕事をしていると,対応に困る患者には必ず遭遇することと思います。しかし,医師と患者との関係性やコミュニケーションは常に,その相互作用から生み出されるものですので,一見「対応の難しい患者」と思えても,それを生み出しているのはこちら側であるかもしれません。「難しい患者」というよりは「難しい状況」あるいは「難しい医療面接」という表現がより適切でしょう。医療コミュニケーション的には「difficult patient encounter」(難しい患者面接)と呼ぶこともあります。

  あなた自身が「患者」になったと考えて,以下の2つのケースを見てみましょう。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  連載・特集 »  家庭医そんそんの「対話」のススメ »  【其の一】困った患者にこそ「共感」を

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11500377 有効期限:11月末まで