メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第10回>「付き添い者と外来受診した高齢者」にどう接するか

高齢者診療のコツとヒント 高齢者診療のコツとヒント

<第10回>「付き添い者と外来受診した高齢者」にどう接するか

北里大学医学部総合診療医学・地域総合医療学 木村琢磨

 2016年04月18日 07:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

症例:85歳女性

  付き添い者と一緒に外来を受診。認知症はないようだが軽度の難聴があり,会話はとてもゆっくりで話の要領を得ない。一方,付き添い者は患者の症状について手際よく話した...

付き添い者の同席で臨床的問題が生じうる

 近年,認知機能や日常生活動作(ADL)が低下した"臨床的な高齢者"や視力・聴力障害を有する高齢者などが,家族などの付き添い者と一緒に外来受診することが多くなりました。付き添い者が同席すると,患者と医師の「二者のやり取り」に,付き添い者という第三者が加わった「三者のやり取り」となり,幾つかの臨床的問題が生じえます。そこで,「付き添い者と外来受診した高齢者」にどう接するかについて考えたいと思います。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のいつものビール、銘柄は?

ホーム »  連載・特集 »  高齢者診療のコツとヒント »  <第10回>「付き添い者と外来受診した高齢者」にどう接するか

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R11503238 有効期限:11月末まで