メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  カロリー制限食の有効性と限界

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

カロリー制限食の有効性と限界

北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2016年04月25日 15:10
プッシュ通知を受取る

研究の背景:カロリー制限食の科学的な吟味が必要な状況にある

 わが国においては糖尿病治療食といえばカロリー制限食であり,日本糖尿病学会の「科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン」においても「糖尿病治療ガイド」においても,標準体重に身体活動係数を乗じて求めたカロリーに制限することが(コンセンサスのレベルで)推奨されている。

 一方,アカゲザルにおいて確認されていたカロリー制限による心血管イベント予防効果(Science 2009;325:201-204)が,ヒトにおいては確認されず(N Engl J Med 2013;369:145-154),アカゲザルにおいても示唆されていた筋骨格系への負の作用(AGE 2012;34:1133-1143)が,ヒトにおいても確認されてしまい(Diabetes Care 2014;37:2822-2829),カロリー制限の有効性と安全性についての科学的な吟味が必要な状況にあると私は感じている。

 そんな中,カロリー制限食の有効性と限界を示すようなデータが英国のニューキャッスル大学のグループから英国糖尿病学会の機関誌Diabet Med2015;32:1149-1155),米国糖尿病学会の機関紙Diabetes Care2016年3月21日オンライン版)に相次いで報告された。今後の糖尿病食事療法の在り方をめぐる議論に重要なデータであると考えるので,ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  カロリー制限食の有効性と限界

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12503328 有効期限:12月末まで