メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻④ 自動車事故,医師が幇助犯になることも

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! 弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!

快刀乱麻④ 自動車事故,医師が幇助犯になることも

中村・平井・田邉法律事務所 田邉昇

 2016年05月10日 10:50

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images ※画像は本文と関係ありません

 5月3日,神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で乗用車が暴走し,歩行者5人が重軽傷を負った事故があった。事故現場では,道路にブレーキをかけた形跡が見られないことが兵庫県警の捜査で判明している。自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で現行犯逮捕された容疑者からアルコールや危険ドラッグの反応も出ていない。容疑者には持病があるとみられ(その後,抗うつ薬の服薬なども疑われている),県警は運転中に突然体調が変化し,正常な運転ができなくなった可能性もあるとの見方もしているという報道がなされている。ここで,注意しなければならないのは,診療に関わった医師が,危険運転致死傷罪の幇助犯に該当する可能性があることだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    世界初の成人スチル病診療GL作成

  2. 2

    GLP-1週1回製剤の安全性と有効性

  3. 3

    日本発、糖尿病の多因子介入で新エビデンス

  4. 4

    人材紹介会社をいかに使うか

  5. 5

    SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

  6. 6

    糖尿病患者は肝がん死亡率が高い

  7. 7

    FDA、がん治療にバイオシミラーMvasiを初承認

  8. 8

    スタチン治療適格基準患者はがん高リスク

  9. 9

    世界の食事摂取基準を変える!新研究

  10. 10

    急性下気道感染症にステロイドは無効

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    第一選択薬はメトホルミンか、GLP-1薬か

  2. 2

    マクロライドの光と影

  3. 3

    「抗炎症作用のみの薬剤」で動脈硬化予防

  4. 4

    片頭痛は前駆期にトリプタン系薬を開始、制吐薬を併用せよ!

  5. 5

    宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

  6. 6

    カフェイン摂取でアナフィラキシー

  7. 7

    【寄稿】日本人に多い膵・胆管合流異常

  8. 8

    SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

  9. 9

    <第17回>ADLなどに関係なく問題となる「高齢者の便秘」

  10. 10

    日本発、糖尿病の多因子介入で新エビデンス

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻④ 自動車事故,医師が幇助犯になることも

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R09503424有効期限:9月末まで