メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  75歳以上の院外心停止患者の転帰が経年的に改善

Circulation Journal Circulation Journal

2016. No.5の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 後期高齢者(75歳以上)の院外心停止例の救急医療の実態や心肺蘇生の有用性に関するデータは不足しています。本研究は,わが国のウツタインデータを用いて,その予後が改善してきていることや心肺蘇生の有用性を明らかにした点で意義があります。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明

75歳以上の院外心停止患者の転帰が経年的に改善

総務省消防庁の全国前向きウツタイン登録

 2016年06月01日 11:10

 わが国では75歳以上人口の増加が続いており、院外心停止(OHCA)で救急搬送される高齢者が増加している。金沢大学救急部講師の舟田晃氏らは、消防庁の2008〜12年の全国前向きウツタイン登録データの解析から、75歳以上のOHCA患者の転帰が経年的に改善したことが示されたとCirc J(2016; 80: 1153-1162)に報告。75歳以上のOHCA患者33万例における心停止から1カ月後の神経学的転帰が良好〔脳機能分類(CPC)1〜2〕な生存率は、研究期間全体で0.88%、2008年の0.73%から2012年には0.96%に改善した(P for trend<0.001、図1)。また、心停止が心原性、目撃あり、最初に記録されたリズムが除細動の適応〔心室細動(VF)/無脈性心室頻拍(pVT)〕の3条件を満たす患者群では、CPC 1〜2生存率が8〜26%と良好で、心肺蘇生(CPR)の有用性が高いことが示唆される(図2)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  75歳以上の院外心停止患者の転帰が経年的に改善

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10503569 有効期限:10月末まで