メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  75歳以上の院外心停止患者の転帰が経年的に改善

Circulation Journal Circulation Journal

2016. No.5の注目論文 日本循環器学会発行誌の注目論文を同誌編集長がpick up

Editor's Comment

 後期高齢者(75歳以上)の院外心停止例の救急医療の実態や心肺蘇生の有用性に関するデータは不足しています。本研究は,わが国のウツタインデータを用いて,その予後が改善してきていることや心肺蘇生の有用性を明らかにした点で意義があります。

東北大学循環器内科 教授
Circ J 編集長 下川 宏明

75歳以上の院外心停止患者の転帰が経年的に改善

総務省消防庁の全国前向きウツタイン登録

 2016年06月01日 11:10
プッシュ通知を受取る

 わが国では75歳以上人口の増加が続いており、院外心停止(OHCA)で救急搬送される高齢者が増加している。金沢大学救急部講師の舟田晃氏らは、消防庁の2008〜12年の全国前向きウツタイン登録データの解析から、75歳以上のOHCA患者の転帰が経年的に改善したことが示されたとCirc J(2016; 80: 1153-1162)に報告。75歳以上のOHCA患者33万例における心停止から1カ月後の神経学的転帰が良好〔脳機能分類(CPC)1〜2〕な生存率は、研究期間全体で0.88%、2008年の0.73%から2012年には0.96%に改善した(P for trend<0.001、図1)。また、心停止が心原性、目撃あり、最初に記録されたリズムが除細動の適応〔心室細動(VF)/無脈性心室頻拍(pVT)〕の3条件を満たす患者群では、CPC 1〜2生存率が8〜26%と良好で、心肺蘇生(CPR)の有用性が高いことが示唆される(図2)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  Circulation Journal »  75歳以上の院外心停止患者の転帰が経年的に改善

error in template: found but mtif was expected