メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  脂質検査は随時採血の時代へ

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

脂質検査は随時採血の時代へ

欧州2学会の合同声明と米国での反響
北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2016年06月08日 12:45

研究の背景:「脂質検査は空腹時に行う」がこれまでの常識

 わが国の健診システムは世界でもまれに見る疾病早期発見のシステムであり、メタボリックシンドロームから心血管疾患、がんといった疾病の早期発見・治療に役立っていると思われる。

 さて、その際の採血は、原則的に空腹時に行われることが多い。それは単に腹部画像検査のためというばかりではなく、血糖値やトリグリセライド(TG)値のように空腹時の基準値で是非が判定される指標が採血項目にあるからである。実際、日本動脈硬化学会の『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012』(p13)でも『脂質異常症治療ガイド2013』(p22)でも、早朝空腹時採血を原則としている。一方で、血糖値などは食後高血糖の方が空腹時血糖値のはるかに前から異常を来しやすいことから、血糖異常のスクリーニングには食後採血の方がよいのではないかという議論がある。

 このたび、脂質検査についても空腹時にこだわる必要はなく随時でよいであろう、との合同声明が欧州動脈硬化学会と欧州臨床化学検査医学会から発表され、Eur Heart J2016年4月26日オンライン版)に掲載されたのでご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    片頭痛は前駆期にトリプタン系薬を開始、制吐薬を併用せよ!

  2. 2

    ドラッグフリーの高血圧治療

  3. 3

    デュラグルチドはCKD合併糖尿病例にも有用

  4. 4

    SGLT2阻害薬+インスリン併用の長期治療を検討

  5. 5

    透析開始前の低SBPが開始後死亡増加と関係

  6. 6

    リスボンにて、EASD 2017始まる

  7. 7

    2015年度医療費42兆円。さて、どうする?

  8. 8

    米国で40年続いた脳卒中死亡率の低下が停滞

  9. 9

    糖尿病患者にとって仕事上の障壁は

  10. 10

    「ポケモンGO」でメンタルヘルスが改善

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    第一選択薬はメトホルミンか、GLP-1薬か

  2. 2

    マクロライドの光と影

  3. 3

    「抗炎症作用のみの薬剤」で動脈硬化予防

  4. 4

    宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

  5. 5

    【寄稿】日本人に多い膵・胆管合流異常

  6. 6

    カフェイン摂取でアナフィラキシー

  7. 7

    片頭痛は前駆期にトリプタン系薬を開始、制吐薬を併用せよ!

  8. 8

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  9. 9

    <第17回>ADLなどに関係なく問題となる「高齢者の便秘」

  10. 10

    "美容整形"後遺症に対する修正手術の実際

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  脂質検査は随時採血の時代へ

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:R09503744有効期限:9月末まで