メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  脂質検査は随時採血の時代へ

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

脂質検査は随時採血の時代へ

欧州2学会の合同声明と米国での反響
北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2016年06月08日 12:45
プッシュ通知を受取る

研究の背景:「脂質検査は空腹時に行う」がこれまでの常識

 わが国の健診システムは世界でもまれに見る疾病早期発見のシステムであり、メタボリックシンドロームから心血管疾患、がんといった疾病の早期発見・治療に役立っていると思われる。

 さて、その際の採血は、原則的に空腹時に行われることが多い。それは単に腹部画像検査のためというばかりではなく、血糖値やトリグリセライド(TG)値のように空腹時の基準値で是非が判定される指標が採血項目にあるからである。実際、日本動脈硬化学会の『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012』(p13)でも『脂質異常症治療ガイド2013』(p22)でも、早朝空腹時採血を原則としている。一方で、血糖値などは食後高血糖の方が空腹時血糖値のはるかに前から異常を来しやすいことから、血糖異常のスクリーニングには食後採血の方がよいのではないかという議論がある。

 このたび、脂質検査についても空腹時にこだわる必要はなく随時でよいであろう、との合同声明が欧州動脈硬化学会と欧州臨床化学検査医学会から発表され、Eur Heart J2016年4月26日オンライン版)に掲載されたのでご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

WHOが「ゲーム依存」をICD-11で採用の見通し。先生のゲーム依存度は?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  脂質検査は随時採血の時代へ

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R02503744 有効期限:2月末まで