メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】獲得性プリオン病

読み解くためのキーワード 読み解くためのキーワード

【キーワード】獲得性プリオン病

 2016年06月22日 16:05
プッシュ通知を受取る

 獲得性プリオン病として、パプアニューギニアの儀式的食人から感染したクールー病、医療行為により感染した医原性プリオン病、ウシ海綿状脳症(BSE)からヒトへ感染した変異型クロイツフェルト・ ヤコブ病(CJD)が挙げられる。1996年に英国で発生した変異型CJDがBSEから感染した可能性が発表され、わが国でも全国調査が実施された。クロイツフェルト・ ヤコブ病サーベイランス委員会による1999年4月〜2016年2月の調査では、わが国のプリオン病患者数は2,499例で、そのうち獲得性プリオン病は硬膜移植後CJDが88例、変異型CJDが1例だった。脳外科手術時にヒト屍体由来の硬膜移植歴のあるCJDが多数存在していることが報告されている

■関連記事

硬膜移植でアルツハイマー型病理変化が伝播か

(監修:金沢大学病院神経内科講師・浜口毅氏)

ワンクリックアンケート

高齢者へのコロナワクチン、7月末までに「1日100万回」

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  読み解くためのキーワード »  【キーワード】獲得性プリオン病