メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  「インクレチン薬で初」はなぜ達成されたのか

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

「インクレチン薬で初」はなぜ達成されたのか

LEADER試験を考察する
北里研究所病院糖尿病センターセンター長 山田悟

 2016年06月23日 07:00

研究の背景:インクレチン関連薬は心血管イベント抑制効果を示せていなかった

 わが国で2009年12月に登場したインクレチン関連薬は、糖尿病治療の光景を一変させた。インスリン分泌能の低い東アジア人(Diabetes Care 2013;36:1789-1796)にとって、単独での低血糖が考えにくいインスリン分泌促進系薬剤であるDPP-4阻害薬は、理論的に理想的だったからである。

 空腹時血糖値を下げ過ぎることなく、食後高血糖を是正できるというその血糖プロファイルは、心血管イベントの予防効果に対しても大いなる期待を持たせた。しかし、これまで報告されたDPP-4阻害薬の心血管アウトカム試験は、いずれもその予防効果を示さなかった(SAVOR-TIMI53:N Engl J Med 2013;369:1317-1326, EXAMINE:N Engl J Med 2013;369:1327-1335, TECOS:N Engl J Med 2015;373:232-242)。そして、GLP-1受容体作動薬もやはり、心血管イベントの抑制効果を示さなかった(ELIXA:N Engl J Med 2015;373:2247-2257)。

 しかし、GLP-1受容体作動薬リラグルチドについての心血管アウトカム試験LEADERの結果が、今年の第78回米国糖尿病学会(ADA2016、6月10~14日)において報告され、同日、N Engl J Medにリリースされた(2016年6月13日オンライン版)。昨年の第51回欧州糖尿病学会(EASD2016、9月14~18日)におけるEMPA-REG OUTCOME試験(N Engl J Med 2015;373:2117-2128)と並び、歴史に残る研究と考え、さっそくご紹介したい。

※ Liraglutide Effect and Action in Diabetes Evaluation of cardiovascular outcome Results

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  「インクレチン薬で初」はなぜ達成されたのか

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R10503883 有効期限:10月末まで