メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑥ 群馬大事件の手術医は「人殺し」になるのか

弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! 弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻!

快刀乱麻⑥ 群馬大事件の手術医は「人殺し」になるのか

医師バッシングに物申す

 2016年07月14日 11:10
プッシュ通知を受取る

 あるテレビ番組で、政治家が防衛費を「人を殺すための予算」と発言したが、同席した他の政治家らの批判を受けて発言を取り消したことが話題になった。「防衛」と「人殺し」の線引きの問題だが、この問題を医療に置き換えると、最近、救命対応したにもかかわらず患者が死亡すると、医師は「人殺し」と厳しくバッシングされる風潮にあるようだ。ただ、本当にそこまで攻撃される必要はあるのか。群馬大学病院の手術死事件などを例に、法的な側面から医師の正当防衛と風評被害に斬り込んでみたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  連載・特集 »  弁護医師(R)田邉昇の快刀乱麻! »  快刀乱麻⑥ 群馬大事件の手術医は「人殺し」になるのか

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

R12503997 有効期限:12月末まで